1. カッピングセルフケア

カッピングセルフケア

FCMのセルフケアにチャレンジ!
まずはカップの正しい付け方からマスターして、安全にセルフケアを実践していきましょう。

カップの付け方

カップの中の空気を押し出して、吸着しやすくすることがポイントです。
小さなサイズのカップの場合、カップの端を肌に対して垂直に押し当てます。そこから親指の腹全体でカップを押し込みます。
大きいサイズのカップを扱う場合は、手指と手のひらでしっかりとカップを持ち、手のひらの付け根でカップを押し込むようにします。
なお、足などに装着する場合は両手を使うことができます。

  • 1カップの端を、肌に対して垂直に押し当てる。
  • 2親指の腹を使ってカップを押し込む。この時、空気の逃げ道を作ると吸着しやすい。
  • 3親指で押し込む強さによって吸引力を調整できる。
  • 4装着完了。

【ストア】特製カップ (3サイズセット)

吸引について

吸引が1cm以内であれば皮膚への刺激は弱めですが、2cm以内になると中程度の刺激となり、2cm以上では刺激が強くなります。
部位によっては吸引が強すぎると痛みを伴うことがあります。様子を見ながら実施してください。

A弱吸引:皮膚への吸引が1cm以内
B中吸引:皮膚への吸引が2cm以内
C強吸引:皮膚への吸引が1cm以上

【ストア】もっと詳しい解説はムック本で

基本的な使用方法

FCMカップを用いた主要な筋肉のセルフケア方法をご紹介します。
使用上の注意をよく読んでお使いください。

利用シーン ~例えばこんな使い方~

FCMカッピングは、スポーツ選手はもちろん、受験生や社会人、育児中のママさん・パパさん等々に、さまざまなシーンでご利用いただいています。

  • ウォーミングアップ -より高い運動成果を-

    ウォーミングアップから進化できるカラダ!
    練習前の前に行うウォーミングアップ・カッピングで体をアクティベート。
    最高のパフォーマンスを、最高の状態を手に入れよう。

    MORE

  • 受験勉強 -勉強能率アップ-

    勉強、勉強、勉強で忙しくて運動する時間も遊ぶ時間もない受験生のために、机でできるお手軽セルフカッピングケア。

    わざわざ机を離れる必要なし。首や手が張っていて勉強に集中できない時は、筆箱からカップを取り出してその場でケア。

    MORE

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア