1. セルフケア
  2. 利用シーン
  3. ウォーミングアップ

利用シーン

ウォーミングアップ -より高い運動成果を-

ウォーミングアップカッピングは、順序どおりに行うことで、より効率よく効果を期待できます。
基本は全身の血流量を上げる為に、下肢の筋肉から上肢の筋肉の順に行います。
下肢の筋肉を血管の周りで収縮・弛緩を繰り返す事で心臓に血液を戻し、全身の血流量が増加して、体温や筋肉への温度を上昇させる効果があります。
回数は左右5回ずつ行いましょう。

利用シーンの一覧へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア