1. 使用方法

使用方法

全身の主要な筋肉の、FCMカップを用いたセルフケア方法です。
使用上の注意をよく読んでお使いください。

使用上の注意

  • 以下避けるべきケースに(B)当てはまる場合はご使用しないで下さい
  • 以下注意が必要なケース(A)に当てはまる場合はご使用に注意して下さい
  • 避けるべき場所(C)へのご使用は控えて下さい。特に皮膚系、血液系疾患のある方はご使用しないで下さい
  • カップを付けたまま眠らないで下さい
  • 赤や青紫になった痕は数日間、ひどい場合でも数週間で消えてなくなりますが、個人差がありますのでご注意下さい
  • 使用場所の露出がある場合はご使用をお控えください
  • 皮膚に傷がある場合、ニキビや吹き出物がある場合、出血する可能性がありますのでご注意下さい
  • 肌がかぶれる、不快感、痛みを感じた時は使用をやめて下さい
  • 初めて使用する際は少し弱めに吸引し、短時間でお試し下さい
  • 使用後はぬるま湯できれいに洗浄し清潔に保管してください
  • 乳幼児の手の届かない所に保管して下さい
  • 効果、満足度等には個人差があります
  • このカップの使用に関しましてはお客様の事故責任とし、このカップに起因して生じた事故、損害等に関しましては一切責任を負いません

A 注意が必要なケース

  1. 発熱時
  2. 飲酒後
  3. 食後即時
  4. 体調不良時
  5. 睡眠不足時
  6. 日焼け(一度熱傷以下)

B 避けるべきケース

  1. アスピリンやワーファリンといった抗凝固剤を服用時
  2. 抗がん剤治療中
  3. 白血病および肝疾患にて出血傾向のある場合
  4. 表在器官の炎症時
  5. 外傷による傷および腫れがある場合
  6. 高度な貧血がある場合
  7. 重篤な心疾患がある場合
  8. 脳出血直後
  9. 急性期傷害
  10. てんかん
  11. 感染症
  12. 高度の動脈硬化に伴う高血圧
  13. 結核症
  14. 妊娠中の方
  15. アトピー性皮膚炎
  16. 急性外傷

C 避けるべき場所

  1. ヘルニア(椎間板ヘルニア、鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、腹壁ヘルニアなど)
  2. 目、鼻、口、乳首、睾丸、デリケートな部分、浅腹壁動脈付近
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア